自費出版した本について その3

  • 2015.08.26 Wednesday
  • 15:33
今年一月に、委託販売を検討してもらえることになった、と書きました。
三月に状況確認のため一度メールを送ったのですが、書き方が悪かったのか、先方が多忙だったのか、お返事をいただけませんでした。

その後、同窓会準備で多忙になり、結果としてこの件を放置したまま、数ヶ月が経ってしまいました。
いまだお返事はいただいていない(と思う)のですが、委託販売に適さなかったのかもしれません。

ホームページを拝見したところ、扱っていらっしゃる絵本は、私が自費出版したものよりも対象年齢が低いようです。また大きさも、私の本は小さめでイラストも少なく、「絵本」と聞いて思い浮かべるものとは異なるように思います。読み聞かせにも向かないのでしょうね。

販売を考えたそもそもの理由は、アマゾンに出品されていたものが5000円程度と、本来の価格(本体1100円)よりもかなり高額だったためです。ほかでも入手できれば値段が下がるのではと考え、打診をしてみました。

ですが先ほどアマゾンのサイトを見たところ、なんと!「1円から」となっていました(笑)
送料のほうが高いので積極的にお勧めしづらいのですが、ご興味のある方は、この機会に手にとっていただけると嬉しいです。
『シャカンとすずちゃん』のページ

いまある在庫に関しては、別の方法を検討したいと思っています。
改めてお知らせをさせていただきますね。

急に涼しくなりましたが、今後暑さがぶり返すこともあるようです。
体調を崩されぬよう、ご留意ください。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

比良岡美紀の本棚

NetGalley獲得バッジ1

プロフェッショナルな読者

NetGalley獲得バッジ2

グッドレビュアー

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM